阪本龍門文庫善本電子画像集
奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター

信長記

  小画像    1     2      3       4       5       6      7     8 

 9    10    11     12     13     14     15 

  大画像    1     2      3       4       5       6      7     8 

 9    10    11     12     13     14     15 



目録番号114
書名信長記(信長公記)
写刊別
冊数15
書写(刊行)年代江戸初期
縦25.0cm×横18.0cm
備考綴葉装

 織田信長、豊臣秀吉、豊臣秀頼の三君に仕えた太田牛一(おおた・ぎゅういち、大永 七年1527生)の手になる信長の一代記、軍記。『義演准后日記』慶長三年1598三月十七 日条に、「太田又助(牛一)来ル。信長公以来ヨリ当代ニ至ルマデ、之ヲ記録ス。少々 ハ暗誦ノ体ナリ」(原漢文)とあり、その頃までに成立したかとされる。版本で流布し 、より文学色の強い小瀬甫庵の『信長記』(一五巻八冊、元和八年1622刊)は、自ら巻 頭で太田牛一の信長公記をもとにしたとするが、大幅に潤色の加わった別作品である。
                         →【より詳しい説明へ】

Copyright (C) 2008-2014 Sakamoto Ryumon Bunko &Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.

画像の無断使用をお断りします