阪本龍門文庫善本電子画像集
奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター


御成敗式目
小 画 像
大 画 像
 
目録番号358
書名御成敗式目
写刊別
冊数1冊
書写(刊行)年代室町末期
資料サイズ縦25.8cm×横20.8cm

 本『御成敗式目』は、版式から見て室町末期刊と推定されている。大永4年に『御成敗式目』を刊行した小槻伊治は、5年後の享禄2年(1529)清家の訓を付した本を刊行したが、本刊本の本文と付訓とはそれとよく一致し、その系統のものと見られる。他に所伝が知られていない。
 改装黒色古表紙。縦25.8cm×横20.8cm。首尾欠。第7丁から第25丁まで存する。天地単辺、左右双辺(縦20.6cm×横17.6cm)。小黒口、黒魚尾、「(丁付)」。半面7行。江戸前期墨筆による傍音訓の書き入れ少々あり。

 なお、本文庫には、ほかに、享禄2年版を元亀4年(1573)に丹羽五郎左衛門長秀が書写した巻子本1軸があり、慶長12年刊本・寛永5年刊本・江戸前期刊後印本(覆寛永5年整版)が存する。


Copyright (c) 2004-2014 Sakamoto Ryumon Bunko & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.