奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター
阪本龍門文庫善本電子画像集  自筆本の部

難語考余言
小 画 像
大 画 像

目録番号610
書名難語考余言
写刊別
冊数1冊
書写(刊行)年代江戸後期
資料サイズ縦25.5cm×横17.0cm
備考改装縹色表紙

 外題、新装題簽に川瀬氏筆にて「難語考「余/言」(二行割り)橘守部自筆稿本」と墨書。中央やや右よりに題簽を剥ぎ取った跡あり。裏表紙にもあり。他の書物の表紙であったものを再利用か。
 原装共表紙。外題、表紙に直接「難語考「余/言」(二行割り)」と墨書する。字面高さ21.5cm。半面10行。全13丁。各丁裏打ち。巻首に朱印記「椎本文庫」(橘守部)あり。

 本書は、橘守部(1781〜1849)が、古語やてにをはの使い方について述べた次の10項からなる。

黒木 くれ 木丸殿
高野玉川の歌てにをはたかハさる事
みつばよつばに取つくり おもや もや
めだう 「馬道」(墨消) めんだう 切馬道 大馬道
関のくぎぬきの追加
しだ草
かし鳥
威毛 ひろう毛
立田川
片巫 肱巫 かむなき をとこかむなき

 このうち、高野・みつば・めだう・関・立田川・片巫の6項は朱線にて見せ消ちとする。この6項は守部の『鐘廼比備起』に収めるところである。『鐘廼比備起』と比較した鉛筆書きのメモ(川瀬氏筆)を記した罫紙2紙挿入される。『鐘廼比備起』は『難語考』(山響冊子、山彦冊子)の続編に当たる。
 第13丁の一文は第6丁の「人の横言ありなん」に関して書かれたもので、『新訂増補橘守部全集』(東京美術 1967・9)所収の『鐘のひゞき』ではその箇所の後に小字で収める。「前に著ハし給ひし難語考」「大人の田舎に潜み給へるほと」「吾大人」とあるので、この部分は弟子の筆になるものであろう。
 なお、守部が古語の語釈をした書については、平沢五郎「橘守部撰述現存諸稿本とその成立に就いて」(斯道文庫論集20 1984.3)参照。


Copyright (C) 2005-2014 Sakamoto Ryumon Bunko & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.