奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター
阪本龍門文庫善本電子画像集

雑 宝 蔵 経  巻 第 一
小 画 像
大 画 像
目録番号1
書名雑宝藏経
写刊別
冊数1軸
書写(刊行)年代天平12年(740)奥書
資料サイズ紙高24.8cm
備考黄麻紙

 472年、北魏の吉迦夜と曇曜の共訳。10巻121縁からなり、譬喩譚、因果応報譚を収録している。
 『ラーマーヤナ』や『ミリンダ王物語』と共通する説話を含み、『日本霊異記』『今昔物語集』など、わが国の説話文学にも影響を与えた。
 巻1には、第1「十奢王縁」、第2「王子以肉済父母縁」、第3「鸚鵡子供養盲父母縁」、第4「棄老国縁」、第5「仏於■利天天上為摩耶説法縁」、第6「仏説往昔母迦旦遮羅縁」、第7「慈童女縁」、第8「蓮華夫人縁」、第9「鹿女夫人縁」の9つの話を収める。
 龍門文庫本は、天平12年(740)5月1日に光明皇后の願によって写されたいわゆる「五月一日経」のうちの1点で、巻尾の6行の願文が追補されている。
 なお巻頭に「石山寺一切経」の墨印を削りとった跡が認められる。

■は「りっしんべん」に「刀」

Copyright (C) 2001-2014 Sakamoto Ryumon Bunko & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.