阪本龍門文庫善本電子画像集  自筆本の部
奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター
 

春 日 の 鹿

目録番号1026
書名春日の鹿
写刊別自筆
冊数原稿用紙3枚
書写(刊行)年代昭和14年
備考北原白秋自筆原稿

 昭和14年11月、八雲書林より刊行された白秋の歌集『夢殿』に「春日の鹿」の総題のもと所収されたものの原・草稿で、「昭和三年初冬、国醇会の一行と正倉院拝見に赴」 いた折のメモと考えられる。

 抹消された歌を含め、19首中6首が重複しており、13首の歌のうち11首が、昭和5年1月の「短歌雑誌」に「春日の鹿」として発表されている。

 残りの2首にさらに9首を新たに作り、「三笠山」「正倉院前」「春日神社」「公園」「二月堂」「猿沢の池」「春日野」「「夜の小路」「池をへだてて」の題のもとに再構成したものが、 昭和14年11月刊『夢殿』の「春日の鹿」と考えられる。

自 筆 原 稿


Copyright (C) 2002-2014 Sakamoto Ryumon Bunko & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.