奈良女子大学
学術情報センター 電子画像集 奈良地域関連

往馬大社いこまたいしゃ

 往馬大社は生駒山(642m)の東山麓、竜田川のほとりに鎮座する古社で、『日本三大実録』貞観元(859)年正月二十七日条に「往馬伊古麻都比古神」に従五位上を授けた旨があり、『延喜式』(大和国平群郡)神名帳にも「往馬坐伊古麻都比古二座」と記される。「伊古麻都比古」「伊古麻都比売」の二座に、後(鎌倉時代)に八幡神五神が合祀されたとされる。『北山抄』巻五「大嘗会事」には「仰大和国膽駒社神部」と、当社から「火鎮木」を召したとする記載がある。境内の鎮守森は奈良県指定天然記念物。毎年10月11日に行われる「火祭り」は有名で多くの参詣人で賑わう。

生駒曼荼羅いこままんだら 絹本著色
 142.8cm×66.0cm     
往馬大社
問い合わせ先
住所 〒630-0222 生駒市壱分町1527-1
交通近鉄生駒線壱分駅から徒歩7分
拝観料無料
お問い合せTEL:0743-77-8001  FAX:0743-76-0407
このホームページは往馬大社の協力を得て提供しているものです。
ホームページの画像の無断転載を禁じます。

(C) 2019 往馬大社,奈良女子大学学術情報センター
Copyright (C) 2019 Ikoma shrine & Nara Women's University Academic Information Center.