奈良女子大学
学術情報センター 電子画像集 奈良地域関連

安楽寺あんらくじ

 融通念仏宗の寺院。山号は光照山。本尊は阿弥陀如来坐像(江戸時代前期)。代々浄土宗であったが、融通念仏宗に改めたのは延宝初年(1670年代)頃ではないかとされる(「大念仏寺暦代記録」)。棟札・棟瓦から、本堂は安永八年(1779)に再建されたものと分かる。宗祖良忍上人坐像(木造)は室町時代の作。「融通念仏縁起絵」は同宗縁起図本の流布が始まった鎌倉時代の作品。


融通念仏縁起絵ゆうずうねんぶつえんぎえ 絹本著色
 92.6cm×44.6cm     
安楽寺


問い合わせ先
住所 636-0346 奈良県磯城郡田原本町矢部680
交通近鉄笠縫駅から徒歩約17分
お問い合せ0744-32-3452

このホームページは安楽寺の協力を得て提供しているものです。
ホームページの画像の無断転載を禁じます。

(C) 2020 安楽寺,奈良女子大学学術情報センター
Copyright (C) 2020 Anrakuji-temple & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved